◆ガイアクォーツのワーク◆


◆価格:120分   →   4,000円

◆ガイアクォーツ(チタニウムinクォーツ)とは?


ガイアクォーツは、地球の自然や地球の中心のエネルギーガイアそのものを現すクリスタルです。また、水を活性化させます。
 
ガイアクォーツを用いると、地球の中心や地球を構成するあらゆるものと容易に繋がる事が可能です。
 
地球のコアは愛です。
ガイアクォーツを使って、地球(ガイア)との繋がりを強め、
もしも地球になじめない感じを抱いている場合はそれを癒し、
自身も地球を構成する一員である自覚を育みます。
 
地球で暮らす一員として、自分はどんな役割を担っているのかどんな人生を送るべきなのかを調べます。
そして、地球で貴方が担っている役割を果たす為に、出逢うべき仲間たちとの縁を強め、
共に地球で暮らす全ての存在達との繋がりも強めます。
 
ガイアクォーツを使って地球を観察し、必要であればアースヒーリングを施します。
 
ガイアクォーツを使って地球との繋がりを強めると、地球のエネルギーや循環の流れに上手く乗りながら地球上で活動する事が出来ます。

※ガイアクォーツの中に内包されている白い靄状のものがチタニウムです。

※産地はアメリカ・アーカンソーが本場ですが、ガイアクォーツが採れる鉱山は既に閉山してしまっている為、市場に出回っているのみになります。
現在では、コロンビア産のものが僅かに出回っているくらいになります。

 

<こちらのワークでの内容>


◆ガイアクォーツ♪地球の中心と繋がるワーク
 
◆ガイアクォーツ♪地球の一員である自覚を促し、地球での自分の役割を調べるワーク
 
◆ガイアクォーツ♪地球を構成する存在たちとの連携を強め、その繋がりを癒すワーク
 
◆ガイアクォーツ♪地球での役割を果たす為に出逢うべき仲間達との繋がりを強めるワーク
 
◆ガイアクォーツ♪ガイアクォーツを使って地球を観察する&アースヒーリングワーク
 
◆ガイアクォーツ♪地球をサポートしている高次の存在達からアドバイスをもらうワーク
 
◆ガイアクォーツ♪地球からの声やメッセージを受け取るワーク


(お客様の声)

山本 由美様(神奈川県)

地球と自分、皆々様があらためてひとつ、ワンネス。
善も悪もなく、不要もなく、全てが在るべくして在る、ということがさらに意識化しました。

自分の本質を見つめて、地球のエネルギーと共にセルフヒーリングもしていた実感がありました。

自分の役割も書き出すことで次の行動が視覚化し、行動に移しやすくなりました。

また、将来への壮大なビジョンの一部のようなイメージ画像も見え、調べてみたいことや興味が湧いてきたこともありました。

そして一番の癒しとなったのは地球に対しての純粋な愛と感謝の気持ちを持ち、素直に、愛しています。感謝しています。と言えたこと。
そして地球からも同じように愛しています。愛されています。という思いを私に伝えてくれたこと。

これで充分、いいえ、これが全てです。と言いたいくらいです。(*ノω・*)テヘ

最後のワークでは仲間と共に太陽まで味方してくださり、自身の役割だけでなく、お互いの役割もシェアし、絆を深め、未来のワンシーンも見えました。

光のエネルギーの色の変化はいつも興味深いです。
江ノ島のステキな環境と周りを囲んでくれたパワーストーンの力もあってか、明るくきれいな色の光がたくさん見えました。

特にピンクが多めだったのが印象的でした。(笑

A.H.様(愛知県)

初上陸の江ノ島でガイアクォーツのワークに参加しました☆
どんなことをやるのかな~?とドキドキしながら…

私はガイアクォーツを持っていなかったので、白愛さんの準備してくれたものをお借りしました。

何だか力強い芯のようなものを感じたので、その石にしたのですが、
『地球を構成する存在たちとの連携を癒すワーク』で、ガイアクォーツを通してチャクラに光を送っていたら、ガイアクォーツがドクンドクンと鼓動を打ち始めて、自分と一体になったようでした。

このガイアクォーツに感じた力強さが、私の中にもあり、きっと共鳴したのだと思いました。

ガイアクォーツのエネルギーを借りることで、地球とより深く繋がれ、たくさんのメッセージを受け取ることができました。

『地球を観察するワーク』では、なぜか私はアフリカの上空を飛んでいて、アフリカに光を送っていたのですが、
後で感想をシェアした時に、もう一人の参加者の方もアフリカだったと知り、ビックリ!!

一緒にワークして、繋がったんだな~と☆
エネルギーワークって、こういうビックリがあるところも楽しいですよね(*^-^*)

瞑想のようでもあり、イメージワークでもある感じですが、
白愛さんの誘導によって、深く入っていくことができました。

貴重な体験をありがとうございました♪